--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/10/2007    
昨夜は、いい汗かいてきました~。
で、家に着いたら
プハッと一杯
・・・。ダメじゃん。あたし・・・・。
飲んじゃ意味ないじゃん・・・



最近、子供達から教えてもらうものが多く・・・
先日、うちのおねぇちゃんと話をしていたときのこと。

母:「ねぇ、あんたバレー楽しい?」
娘:「楽しいよ。」
母:「試合でれなくても?監督とコーチに文句言われても?」
娘:「楽しいよ。試合に出れなくても、差別されていたとしても、
   自分のプレーを自分で納得できればそれでいい。
   監督やコーチの為にやってるわけじゃないし、自分で
   自分を評価できればそれでいいよ。」
母:「そうだね・・・。」

自分の娘が大きく感じた一場面でした。
自分が小学5年生のとき、こんなことを思っただろうか・・・。
監督とコーチの差別がひどく、試合にもだしてもらえない娘が
歯がゆくて、思わず聞いてしまった私の一言に、
娘はしっかりと答えてくれた。

監督とコーチは人として、大人としてどうなのかって
日々感じていたけれど、
こういった場面を考えると
あういう嫌な人との付き合いにも
学ぶことはたくさんあるんだって感じた。
私も、もう少し大人になって
監督とコーチを大きな気持ちで 接したほうがいいんだなって思った。
そういう意味でも、あの人たちとの付き合いも悪くないのかしら?

人との付き合いの中で
「私が!!私が!!!」と騒いでいたらいけないって思う。
監督とコーチも、もう少し自分達を省みてほしいって思う。
もちろん。私達だっていけないところはいけないと認め、
前向きに考えていくこともしなくてはいけない。
そうやって、お互い成長できればいいのに・・・。

子供から学ぶことは、ココロにしみます・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matare.blog68.fc2.com/tb.php/49-b2eee014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。