--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/03/2007    追い込まれた心
うちのおねぇちゃん、少年団でバレーをやってます。

以前にも書いたけど、
バレーの監督・コーチが本当に子供を追い詰めたやり方を
する方々で(夫婦でやってるの)

1回でもミスをするとすぐに選手交代となります。
しかも、次のチャンスは与えてもらえない。
その交代の選手が5年生同士ではなく、4年生と交代するのです。
そして、最後は4年生だけがコートに残り・・・・。
この屈辱は、子供だけではありません。
それをみている親もとても苦しいのです。

4年生のミスは、全部5年生のミスになり、試合に負けると
集中攻撃で、5年のノックが始まります。
しかも、『バカ』とか、『弱虫』とかさんざん怒鳴られます。
挙句の果てに、片腕をつかみブルンブルン子供を振り回し
『てめぇなんか出て行け!!!やる気がないなら帰れ!!!!』
と外に出してしまいます。

5年生にとっては、少年団最後のバレー。
できれば5年生だけでやってほしい。それが親の願いでもあり、
子供達の願いでもありました。
しかし、それは望めそうもありません。
そして、楽しいバレーを・・・・という思いから始めたのに
いつしかそれは苦痛へと変わり
日々、子供に
「もっとボールに集中しろ!」とか
「もっと腰を低く、ボールに反応するのが遅いんだよ」
などと、私自身が子供を追い詰めるようになってしまった。

監督・コーチのやり方が気に入らず、
だったら、この子自身が強くなり、うまくならないと
この扱いはとまらない!!
そう私自身を追い込んで・・・・・。

結果、私はどれだけあの子を追い詰めてしまったのだろうか・・・・。
昨夜、
「私にも自由をちょうだい。」
「他の友達は、皆遊んでいるのに、なんで私は毎日、毎日バレーなの」
「一生懸命やたって、監督やコーチは認めてくれないし、相手にもされていない。コートにもたたせてもらえない」
「バレーから離れたい」
そう言われた。
最近、バレーの度に、「お腹イタイ」とか「頭イタイ」って言ってた。
おかしいって思い、おねぇちゃんに聞いた答えがこうだった・・・。

私は、どれだけあの子を追い詰めてしまったんだろうか・・・。
私は、どれだけあの子を苦しめてしまったんだろうか・・・。

マイペースな、おっとりしたあの子に
どれだけのプレッシャーを与えていたのだろうか・・・。
皆と楽しくバレーができればいいという思いを
どうして 断ち切ってしまったのだろうか・・・・。
争うことが嫌いな子だったのに・・・・。
自分のパースで歩くのが好きな子だったのに・・・・。
あんなにおっとりとしていた子だったのに
どうして、セカセカと歩かせてしまったんだろうか・・・・。

私は、最低な母だと思う。
私は、愚かな母だと思う。
あの子のいいところを全て抑えてしまった。
あの子の大切な思いを聞いてなかった。

ここまであの子を追い詰めたのは、私です・・・。
ごめんね・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matare.blog68.fc2.com/tb.php/66-a703ade3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。